江田島市立図書館

図書館キャラクター「本読み小僧」「かきぽん」「みかぼん」

能美図書館

  •  11月のふれあい広場では、「ひらけ!お宝図書館」を開催しました。
    参加者は、それぞれ自分のお宝を持ち寄り、まずはグループでお宝自慢。
    自分のお宝も自慢したいけど、人のお宝もとても魅力的に見えてきましたよ。

     次は、全員お宝を持って1階におり、まずは図書館探検。
    今回、初めて来館された方もいらっしゃったので、図書館博士が館内を案内してまわりました。
    すると、なんだか普段は見落としがちな見慣れた風景の中にも、お宝がたくさん眠っていることに気づかされました。

     その後、それぞれ自分のお宝にふさわしい展示場所を選び、タイトルを添えて展示していきました。

      

    大人も子どもも、自分のお宝をたくさんの人と分かち合うために、工夫して展示し、自分の言葉で説明しました。
    これらの対話や作業は、お宝について改めて考えるきっかけにもなりました。

    なお、これらのお宝は12月3日(日)まで図書館内に展示しています。
    ぜひじっくりとご覧いただき、ご自分のお宝は何かを考えてみませんか。

     

     

  • 10月1日に、恒例の「図書館フェスタ」が開催されました。

    開館前から長蛇の列ができ、古本リサイクル市は大にぎわい。

    つづいて館内では、「ぶんぶんごま」作りや「どくしょビンゴゲーム」。
    借りた本の数だけ番号くじを引いて、ビンゴになればガチャガチャ一回でプレゼントをゲット!
    こちらも、興奮気味の子どもたちの列ができ、
    予想以上の混雑で、ポップコーンの準備に人手を割けない事態・・・。

    長い時間、待たせてしまった方々には、大変ご迷惑をおかけしました。

    そんな中、「子ども司書」たちが手際よく手伝ってくれ、とっても助かりました。

    午後からは、立体切り絵でフラワーボックス作り。
    参加者は、真剣な顔で、夢中になって仕上げていきました。

    そのほか、「月を愛でる」特別展示コーナーや、スペシャルクイズなど、
    盛りだくさんの図書館フェスタを、無事に終えることができました。

    今年も、多くの皆様のご参加、ありがとうございました。

    予告!
     大好評だった「どくしょビンゴゲーム」は、ハロウィンスペシャルとして10月29日にも行います!
     また、みんなで来てね!

  • 9月のふれあい広場では、「ことりのえ」を描きました。
    まずはパステルを使って色あそび。
    画用紙に、赤・青・黄をぬって、手でなじませていくと・・・
    微妙なグラデーションの、いろんな色が生まれましたよ。

    続いて、江田島市内で見ることのできる小鳥の写真を見ながら、
    パステルやクレヨンを使って、思い思いに小鳥の絵を描いていきました。

     

    みんな楽しそうに描き、個性のある素敵な絵が完成しましたよ。

  • 8月のふれあい広場では、恒例の「怖~い映画上映会」が行われました。
    上映したのは
    『日本の昔ばなし』
    『恐噺コワバナ』
    の2本だて。

    能美図書館の2階は、エレベーターを降りたところから、まるでおばけやしき。
    不気味で怖い雰囲気たっぷりの中で、ちょっぴり涼しくなっていただきました。

    上映したDVDは貸出できます。今度はお家で、お楽しみください。

     

  •  

     7月のふれあい広場では、さとうみ科学館の皆さんの協力で、

    「海は生き物パラダイス ~クイズに答えてさとうみ博士~」

    という行事を行いました。

     

     写真を使ったり、実物にさわって観察しながら、

    クイズ形式でいろんなはなしをしていただきました。

     

     江田島市は、海に囲まれた自然豊かな島。

    その海には、魚や貝、ヒトデやヤドカリ、カブトガニなどたくさんの生き物が

    暮らしているのだと、あらためて気づかされました。

     さとうみのスタッフの皆さま、ありがとうございました。

  •  

     能美図書館では、毎月「カンガルーくらぶ」でおはなし会を行っていますが、平日の金曜日だと来れないという親子のために、スペシャルバージョンでお届けしました。パパさんたちの参加もありました!

     

     大型えほんやしかけえほん、紙芝居やエプロンシアター、新聞紙を使ったおはなしまで、盛りだくさんで楽しみました。

     最初ははずかしそうに、ママにしがみつくように見ていた小さな子たちも、そのうちに笑い声をあげながら、楽しいひと時を過ごしました。

     カンガルーくらぶは、毎月第3金曜日の10:30~11:30に行っています。乳幼児や、お腹に赤ちゃんのいる妊婦さんも大歓迎!ぜひ、お誘いあわせてご参加ください。

  • 5月5日のこどもの日スペシャルでは、

    折り紙を使った風車の壁飾りを作りました。

     

     

    また、お母さんや大切な人へのメッセージを書いてもらいました。

    こどもの日は、お母さんに感謝する日でもあります。

    能美図書館の窓に飾ってあります。

     

    来館されたときには、ぜひご覧ください。

  • 4月のふれあい広場では

    恒例の、お花見茶会が行われました。

    図書館前の桜は、まさに満開の時を迎えていたものの、

    当日はあいにくの空模様。

    室内からの鑑賞となってしまいました。

    それでも足を運んでくださった方々に、心を込めてお抹茶とお菓子をふるまい、

    ゆったりとした時を過ごしていただきました。

     

    後日、晴天での一枚。ひそかに桜名所です!

     

  • 3月のふれあい広場では、色画用紙を使って、手作りの飛び出すカードを作りました。

    小さな花を一つ一つハサミで切る作業は、根気のいる作業でしたが、贈る相手を想いながら、心を込めて完成させました。

    すてきなカードが完成しました!

  • 2月のふれあい広場では、毛糸を使って、くまのカップケーキを作りました。

    くまのカップケーキ

     

     昔ながらの、毛糸をぐるぐる巻いて、くくって、切りそろえていくという作り方なので、小さなお子さんも挑戦できます。

     ただの毛糸のかたまりが、ハサミを入れていくうちに、だんだんとくまの顔になっていくのがうれしくて、子どもたちも一所懸命作り上げました。

携帯電話サイト

QRコード

https://www.lib100.nexs-service.jp
/etajima/mobile/index.do

スマートフォンサイト

QRコード

https://www.lib100.nexs-service.jp
/etajima/spopac/index.do