江田島市立図書館

図書館キャラクター「本読み小僧」「かきぽん」「みかぼん」

行事アルバム

江田島図書館一覧を見る

  •  12月1日(日)、毎年行われる鷲部コミュニティ祭りが中止のため、江田島図書館祭りを開催しました。
    10時30分からは、広島市とその近郊在住のママさんで活動している吹奏楽団「広島ママブラスpeace(ピース)」のメンバー5人の方に来ていただき、木管五重奏によるクリスマスコンサートを行いました。
     スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス(「メリー・ポピンス」より)他、ジングルベルやきよしこの夜などのクリスマスソングメドレーを含む9曲の演奏と普段はあまり見ることのない楽器をクイズ形式で紹介していただき、皆さん熱心に聞き入っていました。
      
         

       
    きらきら光る長い笛はフルートです。この中で一番高い音が出ます。そしてとなりの大きな楽器はバスクラリネット、お腹に響く低い音が出ます。

     
    ぐるぐる巻きになっているこの楽器はホルン、金管楽器なのですが音色が他の木管楽器と合い、古くからある楽器の一つなので木管五重奏のなかに組み込まれています。そしてオーボエクラリネットそっくりなこの二つの楽器の分かりやすい違いは吹き口です。

     
    アンコールに応えて、「パプリカ」(NHK2020応援ソングプロジェクトによる応援ソングとして作成。米津玄師/作詞・作曲)を演奏していただき、子どもたちも手作りのマラカスでリズムをとって盛り上がりました。
      

     13時30分からは「瀬戸内紙芝居」河野 輝之さんにオリジナルの切り絵の紙芝居を上演していただきました。潮吹き臼、かもめ、など昔話や伝説を切り絵で表現した紙芝居は、絵も独創的で素敵でした。また、河野さんのテンポのよい語りに、子どもたちや年配の方も引き込まれていました。

      

      

     ロビーでは希望者に、即席で名前の切り文字を作るプレゼントがありました。下書きも書かず、するするとカッターの刃を滑らせて、できあがっていく切り文字は、手品を見ているようでとても面白かったです。何組もの親子が切り文字の名前をプレゼントしてもらいとても喜んでいました。 

      

    広島ママブラスpeaceの皆さん、河野さん本当にありがとうございました。今年も多くの皆さんにご参加いただき素敵な時間を過ごすことができたと思います。
     

     

能美図書館一覧を見る

  • 今年度、はじめてとなる「ふれあい広場」を、行いました。

    告知期間も短く、周知されなかったのか、参加者は少なかったけれど、和気あいあい 楽しく制作することができました。

    参加者は、かわいい、カラフルで、飾って置いてもいいと、喜んで持って帰られました。

     

    見本の作品は、図書館に展示してあります。

大柿図書室一覧を見る

  • お久しぶりのかみしばいごや、はじまり、はじまり~♪
    参加してくれたお友だちにはスタンプカードをお配りしています。ぜひ、集めてね。

      

     

    「このくだもの、なーんだ?」「さくらんぼ!」「すいか!」とクイズにすぐ答えてくれる女の子たち。
    くだものなにがすきかな?あれかなー、これかなーと会話がはずんで、とても楽しい時間を過ごさせて
    もらいました。ご参加ありがとうございました!

    読んだ紙芝居

    • 『やさしいよくりゅうプテラ』 やました こうへい/脚本・絵 童心社/刊
    • 『ちゅーとちょーのくだものさがし』 ミスミ ヨシコ/作・絵 教育画劇/刊

    次のかみしばいごやは8月22日(土)午後2時からです。
    マスクをつけて、ぜひ遊びに来てね。

全館一覧を見る

  •  令和2年7月18日(土)、今年は新型コロナウイルス感染予防のため、例年より遅れての取り組みとなりましたが、令和2年度「子ども司書」養成講座の全体研修①を江田島図書館隣りの鷲部交流プラザ2階会議室にて開催しました。
     中町小学校、鹿川小学校、大古小学校から5年生7名が参加しました。

    • はじめに、「子ども司書」の活動や研修についての説明を三原館長から聞いた後、教育委員会の河野先生の司会で、自己紹介と仲間づくりのビンゴゲームをして 親睦を深めました。最初は緊張していた子どもたちもゲームに参加するうちにリラックスできたようでした。
       
    • 「図書館の本の整理について学ぼう!」では職員の説明で、整理するためにそれぞれの本につける数字(分類番号)を決める「NDC日本十進分類法」や本の並べ方について学びました。そして実際に、選んだ本がどの分類の仲間に入るか を考えて、分類番号と図書記号を答えてもらう演習をしました。最初の数字(類)、二番目の数字(綱)まではすぐにわかるようでしたが、最後の細かく分ける(目)で少し迷いが出ていました。みんな、とても集中して説明を聞いていました。
       

       
        

    • 「読書っていいな!」大作戦では、友達に本を好きになって読書を楽しんでもらうにためにどんな活動をするかをまとめました。
      まず、活動内容を「読み聞かせ」「静かな時間作り」「環境」にわけて、自分がそれぞれどんな取り組みができるかを考えてもらいました。
        みんなの出した意見を「読み聞かせをする。」「家でもテレビを消して静かな時間をつくり、本を読む。」「教室や廊下にいつでも読める本棚(本箱)を用意する。」にまとめ、この中からどれか1つでも学校で実施することにしました。
       また、本の良いところ、内容、お気に入りの一場面など、自分がおもしろいと思った本を人にすすめるために、何を伝えたらよいかを考えました。これからの実地研修も頑張って、どんどん力をつけてください。
        
       

       

携帯電話サイト

QRコード

https://www.lics-saas.nexs-service.jp
/etajima/mobile/index.do

スマートフォンサイト

QRコード

https://www.lics-saas.nexs-service.jp
/etajima/spopac/index.do