江田島市立図書館

図書館キャラクター「本読み小僧」「かきぽん」「みかぼん」

行事アルバム

江田島図書館一覧を見る

  •  12月1日(日)、毎年行われる鷲部コミュニティ祭りが中止のため、江田島図書館祭りを開催しました。
    10時30分からは、広島市とその近郊在住のママさんで活動している吹奏楽団「広島ママブラスpeace(ピース)」のメンバー5人の方に来ていただき、木管五重奏によるクリスマスコンサートを行いました。
     スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス(「メリー・ポピンス」より)他、ジングルベルやきよしこの夜などのクリスマスソングメドレーを含む9曲の演奏と普段はあまり見ることのない楽器をクイズ形式で紹介していただき、皆さん熱心に聞き入っていました。
      
         

       
    きらきら光る長い笛はフルートです。この中で一番高い音が出ます。そしてとなりの大きな楽器はバスクラリネット、お腹に響く低い音が出ます。

     
    ぐるぐる巻きになっているこの楽器はホルン、金管楽器なのですが音色が他の木管楽器と合い、古くからある楽器の一つなので木管五重奏のなかに組み込まれています。そしてオーボエクラリネットそっくりなこの二つの楽器の分かりやすい違いは吹き口です。

     
    アンコールに応えて、「パプリカ」(NHK2020応援ソングプロジェクトによる応援ソングとして作成。米津玄師/作詞・作曲)を演奏していただき、子どもたちも手作りのマラカスでリズムをとって盛り上がりました。
      

     13時30分からは「瀬戸内紙芝居」河野 輝之さんにオリジナルの切り絵の紙芝居を上演していただきました。潮吹き臼、かもめ、など昔話や伝説を切り絵で表現した紙芝居は、絵も独創的で素敵でした。また、河野さんのテンポのよい語りに、子どもたちや年配の方も引き込まれていました。

      

      

     ロビーでは希望者に、即席で名前の切り文字を作るプレゼントがありました。下書きも書かず、するするとカッターの刃を滑らせて、できあがっていく切り文字は、手品を見ているようでとても面白かったです。何組もの親子が切り文字の名前をプレゼントしてもらいとても喜んでいました。 

      

    広島ママブラスpeaceの皆さん、河野さん本当にありがとうございました。今年も多くの皆さんにご参加いただき素敵な時間を過ごすことができたと思います。
     

     

能美図書館一覧を見る

  •  2月のふれあい広場では、哲学カフェを行いました。テーマは「もしも、図書館が消えたなら」。

     

     まずは、参加者の方たちの図書館に対する想いを話していただき、そこで出てきた図書館の必要性や利用法、公益、利用する権利、価値、司書など、いろんな角度から図書館について語り合いました。
     これからの図書館は、本の貸し借りだけではなく、福祉や医療と結び付けたり、就職支援・ビジネス支援の役割も担ったりするなど、複合的な場所に変わっていく時だという意見や、誰もが図書館を身近に利用するためには、子どものうちから図書館利用方法をしっかり教え、図書館活用能力を上げる必要があるという意見も出ました。図書館ではたらく職員・司書は、変化をおそれず誇りを持って頑張ってほしいとも。
     本や図書館への愛情のある方たちが参加されていたので、前向きで励まされる言葉がたくさんありました。
     ファシリテーターを務めてくださった上村さん、参加者の皆さん、ありがとうございました。

大柿図書室一覧を見る

  • みなさん、風邪などひいていませんか?なにはともあれ元気が一番ですね!
    2月の「おはなしむら」は1組の家族が参加してくれました。

      

    ボランティアの広島さんが読んでくださった「わたしのゆたんぽ」。
    みんなで聞き入ってしまいました。
    愉快で不思議な世界にひきこまれ、おとなもこどもも楽しませてもらいました!
    広島さんの読み聞かせ、大好きです。
    いつもありがとうございます。

    読んだ絵本

    • 『わたしのゆたんぽ』きたむら さとし/えとぶん,偕成社/刊
    • 『ぞうのびっくりパンやさん』nakaban/文・絵,大日本図書/刊

    工作は、ペットボトルとストローを使って弓矢をつくりました。
    「これはきっとこうすれば・・・できた!」
    いつも工作の本を借りてくれる男の子は、発想力や創造力がすばらしくて感動しました!
    私もがんばります!!

       

          

    次回の「おはなしむら」は3月7日(土)午後2時からです。
    ポテトチップスのあきばこをつかってたのし~いゲームをつくります。
    大柿市民センターまつりも開催中です。
    ぜひ遊びに来てね!

全館一覧を見る

  • 令和2年2月1日(土)、広島市東区民文化センターで「子ども司書」の認証式が広島県教育委員会の主催で開催され、江田島市で研修を受けた3名を含む、広島県内の児童199名が「子ども司書」に認証されました。

    広島県教育委員会義務教育指導課長の挨拶の後、認証式の前に、読書活動交流会が開かれました。
    最初に、はつかいち市民図書館ブックトークの会ピッピ代表の梅地佳代子さんが、一つのテーマであつめた本を何冊か紹介するブックトークを実演されました。「あの道 この道 どんな道」をテーマに、冒険の道、誰かに会いに行く道、将来進む道などいろんな視点からあつめた「道」に関する本を数冊紹介され、聞く人に読みたいと思もわせる効果的な方法も教えてくださいました。
    次に、「子ども司書」養成講座に参加した動機や参加してよかったこと・成長したこと、これからどんな活動を行いたいかなど教育委員会の先生からインタビューがあり、「子ども司書」に対する意欲を再認識しました。
    最後に、各々用意したおすすめ本とポップを持って、会場内の他校の児童とポップの交換をしました。最初は、遠慮したり戸惑ったりしていましたが、最後には和気あいあいとポップを交換し自分のおすすめの本を紹介していました。

     

    認証式では、広島県教育長から一人ずつ認定証を授与されました。
    読書は想像力を豊かにし自分を高めるもの、読書が大好きな子どもでいっぱいになるよう「子ども司書」としてこれから活動していってほしいです。

       

     

     

携帯電話サイト

QRコード

https://www.lics-saas.nexs-service.jp
/etajima/mobile/index.do

スマートフォンサイト

QRコード

https://www.lics-saas.nexs-service.jp
/etajima/spopac/index.do